TOPお知らせ幹事会からのお知らせ>2013年07月 アーカイブ

« 2013年05月 | メイン | 2013年08月 »

2013年07月 アーカイブ

2013年07月02日

平成25年度継続研修シリーズ(第1回)受講生募集のお知らせ

                             平成25年7月2日
会員各位
                  春秋会    幹事長  出野 知
                  東海春秋会  幹事長  村上二郎
                  春秋会   研修委員長 山川 啓
                  東海春秋会 研修委員長 一色昭則


  ★★平成25年度継続研修シリーズ(第1回)受講生募集のお知らせ★★
     (東京-名古屋間をTV会議システムを使用して中継します)

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
この度、春秋会研修委員会では継続研修シリーズ(第1回)として、下記の研修会を企画致しましたのでご案内申し上げます。本研修会は、春秋会員以外の方のご参加も可能となっております。また、本研修会の模様は、名古屋会場に配信いたしますので、東海地区の方もご参加いただけます。参加ご希望の方は、7月25日(木曜日)までに下記の申込書に必要事項をご記入の上、FAX又はメールにてお送りください。多くの方のご参加をお待ちしております。
尚、弁理士春秋会は、日本弁理士会の継続研修を行う外部機関として認定されており、また、本研修は、日本弁理士会の継続研修としての認定を申請中です。本研修を受講し、所定の申請を行いますと、外部機関研修として「2.0単位」が認められる予定です。
                                         敬具
                記

テーマ : 平成25年度継続研修シリーズ(第1回)「Myriad事件-判例紹介のハウツーを考えよう」

講 師 : 弁理士 柴田 富士子 先生

日 時 : 平成25年7月30日(火曜日)午後6:30~8:30
受 付 : 午後6:00~
会 場 : (東京)  日本弁理士会 B1-AB会議室(地下)
      (名古屋) 日本弁理士会 東海支部会議室

会 費 : 2,000円(東京・名古屋共通。当日会場で徴収し、領収書を発行致します。)
お食事はご用意致しませんが、研修会終了後に懇親会を予定していますので、是非ともご参加ください(午後9:00~流れ解散 会費:1,000円)。

内 容 : 米国のCAFC(連邦巡回控訴裁判所)判決や最高裁判決を知っておくことは、外国事件を扱う上で重要です。また、クライアントに、こうした判例を紹介する機会も増えてきていると思います。米国の判決文がどのような構成となっているのか、どのようにまとめると理解しやすいのか、といった点を中心に、弁理士会国際活動センターの外国情報部米国部の元部会長である柴田富士子先生にご講演頂きます。参加者の方には、事前に米国の判決とその要約に目を通し、自分がプレゼンをするとしたらどのようにまとめるかを検討してまとめておいて頂き、こうした判決を15分~20分程度で紹介する場合の資料の作成の仕方にも言及する予定です。なお、受講に際して、検討事項についての作成資料を事前に提出する等の必要はありませんが、事前に提出して頂ければ柴田先生にご確認頂いた上で、研修会の中で具体的な修正のご提案等をして頂くことも可能です。ただし、時間の関係もありますので、修正に関しては、人数をある程度絞らせていただく場合があることをご了承ください。


●以下の点にご注意ください。
・本研修の終了後、継続研修の単位認定の申請に必要な「受講証明書」を発行致しますので、必ずお受取りください。当日お受取りになられなかった場合でも、再発行は一切致しません。
・15分以上の遅刻、及び中座・早退をされた場合は「受講証明書」を発行致しません。
・継続研修の単位の認定を受けるためには、本研修の受講後3カ月以内に日本弁理士会に対して、①「認定外部機関研修受講申請書」、②「受講証明書」、及び③「レポート」を提出することが必要です。詳細は、研修所発行の「継続研修に関するガイドブック」等で各自ご確認ください。
・本研修は、事前の参加申込みのない場合は参加できません。
・事務所所員の代理受講も可能ですが、「受講証明書」は発行致しません。
・本研修に関する連絡等は、原則としてメールで行いますので、ご了承ください。
・研修会の円滑な進行を図るため、研修委員の指示に従って頂きますようご協力をお願い申し上げます。尚、従って頂けない場合には、退室を求める場合がございますのでご注意下さい。

========== 切り離さずに、そのまま送信してください =========
(東京)
春秋会 研修委員会 岩本 康隆 宛
(はるか国際特許事務所 e-mail: iwamoto@harukapat.jp Fax: 03-5339-7842)
(名古屋)
東海春秋会 研修委員会 一色 昭則 宛
(修明国際特許事務所 e-mail: isshiki@fjpat.com Fax: 052-232-0737)

第1回研修会(平成25年7月30日(火曜日)午後6:30~)に参加します。

所属会派    :                (所属している場合のみ)

弁理士登録番号 :第          号
 
ふりがな    :                            

氏  名    :                            

事務所又は会社名:                            

メールアドレス :                            
(ない場合のみファックス番号)

懇 親 会   :  参加   不参加