TOPお知らせ幹事会からのお知らせ>2015年09月 アーカイブ

« 2015年08月 | メイン | 2015年10月 »

2015年09月 アーカイブ

2015年09月08日

平成27年度継続研修シリーズ(第6回及び第7回)受講生募集のお知らせ

平成27年度継続研修シリーズ(第6回及び第7回)受講生募集のお知らせ
(東京-名古屋間をTV会議システムを使用して中継します)

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

この度、春秋会研修委員会では継続研修シリーズ(第6回及び第7回)として、2回シリーズにて、下記の研修会を企画致しましたのでご案内申し上げます。
本研修会は、春秋会員以外の方のご参加も可能となっております。
また、本研修会の模様は、名古屋会場に配信いたしますので、東海地区の方もご参加いただけます。参加ご希望の方は、9月29日(火曜日)までに下記URLの参加申込フォームに必要事項をご入力の上、送信ください。多くの方のご参加をお待ちしております。

尚、本研修は2回シリーズとなっていますが、第6回又は第7回の一方のみの参加も可能です。また、弁理士春秋会は、日本弁理士会の継続研修を行う外部機関として認定されており、本研修は、日本弁理士会の継続研修としての認定を申請中です。本研修を受講し、所定の申請を行いますと、それぞれの研修において「2.0単位」が認められる予定です。
                   敬具
            記

テーマ:平成27年度継続研修シリーズ(第6回及び第7回)「いまさら聞けない米国特許重要判例と米国特許出願の実務」
講 師:弁理士・米国弁護士 須田 洋之 先生
日 時:第6回:平成27年10月 6日(火曜日)18:30~20:30
    第7回:平成27年10月13日(火曜日)18:30~20:30
受 付:18:00~
会 場:(東京)  日本弁理士会 B1-AB会議室(地下)
    (名古屋) 日本弁理士会 東海支部会議室
会 費:2000円 (但し、春秋会会員は1000円)
(東京・名古屋共通。当日会場で徴収し、領収書を発行致します。)
 お食事はご用意致しませんが、研修会終了後に懇親会を予定していますので、是非ともご参加ください(21:00~流れ解散  会費一律:実費)。

内 容:「KSR」、「Alice」、「Teva」・・・。近時の米国における特許についての重要判例として、事件の名前を聞いたことはあるだろうと思います。しかし、これらの判例はなぜ重要で、実務上どのような影響があると考えられているのでしょうか。
 同様に、米国特許出願の実務について勉強するときには、「Declaration」、「IDS」、「RCE」などについて学ぶことと思いますが、実際に米国特許出願を担当する場合、どのような書面のやり取りを、どのような点に注意しながら行う必要があるのでしょうか。
 このように、米国特許に関連する知識には、知っているようで本当はよく知らない、でもいまさら聞けない事項がありそうです。
 そこで、本研修においては、米国への移行のための前提として行うことの多いPCT出願を踏まえつつ、第6回(平成27年10月6日)においては近時の米国における特許についての重要判例の紹介を中心に、また第7回(平成27年10月13日)においては米国特許出願の実務の実際を中心に、中村合同特許法律事務所パートナーの須田洋之先生よりご講演頂きます。須田洋之先生は、米国弁護士としてもご活躍されており、このような先生から直接お話しを聞けるのは非常に貴重な機会だと思いますので、この機会をぜひご活用ください。

●以下の点にご注意ください。
・本研修の終了後、継続研修の単位認定の申請に必要な「受講証明書」を発行致しますので、必ずお受取りください。当日お受取りになられなかった場合でも、再発行は一切致しません。
・15分以上の遅刻、及び中座・早退をされた場合は「受講証明書」を発行致しません。
・継続研修の単位の認定を受けるためには、本研修の受講後3カ月以内に日本弁理士会に対して、①「認定外部機関研修受講申請書」、②「受講証明書」、及び③「レポート」を提出することが必要です。詳細は、研修所発行の「継続研修に関するガイドブック」等で各自ご確認ください。
・本研修は、事前の参加申込みのない場合は参加できません。
・事務所所員の代理受講も可能ですが、「受講証明書」は発行致しません。
・本研修に関する連絡等は、原則としてメールで行いますので、ご了承ください。
・研修会の円滑な進行を図るため、研修委員の指示に従って頂きますようご協力をお願い申し上げます。尚、従って頂けない場合には、退室を求める場合がございますのでご注意下さい。

●参加ご希望の方は、参加申込フォームにてお申し込み下さい。
 下記URLの参加申込フォームに必要事項を入力して下さい。
(東京)http://shunju.gr.jp/kensyu-tokyo.html
(名古屋)http://shunju.gr.jp/kensyu-nagoya.html

2015年09月24日

春秋会口述練習会(東京)のご案内

                  平成27年9月24日

口述受験者各位

春秋会幹事長 平山 淳
担当副幹事長 須藤 晃伸
担当 幹事  増屋 徹
担当 幹事  川崎 玲二朗
担当 幹事  猿山 純平

       ★★春秋会口述練習会のご案内★★

拝啓 初秋の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

 さて、春秋会では、口述試験を受験される方を対象とした口述練習会を開催します。
 口述本試験は、ご存知のとおり弁理士試験の最終関門です。毎年、この最終関門で涙を呑んでいる受験生がいます。これは、口述本試験会場の物々しい雰囲気に飲み込まれ、慣れない口頭試問に対して緊張が高まり、不本意にも“本来の力”を発揮できなかったことが主な原因と考えられます。
 そこで、春秋会では、総力を結集して受験生に口述練習の機会を提供し、受験生の支援を積極的に行います。開催場所は、口述本試験会場と同じ、「ザ・プリンスパークタワー東京」です。
 ご存知のように各予備校や他の会派でも口述試験対策のイベントが開催されますが、本試験会場と同じ会場で開催するのは春秋会だけです。
 最終関門を前にして、本番さながらの予行演習を行っておくことは、きっと皆さんの“本来の力”を引き出す糧になるものと信じています。
 皆様のご参加をお待ちしております。
                       敬具

          記

日程:平成27年10月7日(水)
昼の部      16:30~17:20
夜の部(前半) 18:00~19:20
夜の部(後半) 19:40~21:00

※上記3つの時間帯から、お選び頂けます。
※ご自身の試験開始時刻の15分前までに会場にお越し下さい。
※複数回の受験(最大2回)をご希望の方は、申込みフォームにてご記入下さい。
 なお、複数回受験される場合には、各回で異なる問題を出題致します。

場所:ザ・プリンスパークタワー東京(口述本試験会場と同じ会場です)
   http://www.princehotels.co.jp/parktower/

費用:
   (1)1回受験(銀行振込)    10,000円
   (2)1回受験(当日現金精算)  11,000円
   (3)2回受験(銀行振込)    15,000円
   (4)2回受験(当日現金精算)  16,000円

※お支払方法は、銀行振込または当日の現金精算からお選び頂けますが、値段が異なる点につき、ご留意下さい。
※2回目の受験費用は5,000円とさせて頂きますが、お支払方法による値段の相違はございません。

振込先:三菱東京UFJ銀行 池袋東口支店(店番号:173)
    普通口座 0183126
    口座名義: 春秋会 会計 金森 靖宏
    (シュンジュウカイ カイケイ カナモリ ヤスヒロ)

※振込人のご名義は、必ずご自身のフルネームを明記して頂きますよう、お願い致します。

振込期限:10月6日(火)

定員:約140名
   ※申込者多数の場合は抽選とさせていただきます。

申込期間:平成27年9月30日(水)10:00~10月1日(木)22:00

申込方法:
 春秋会のHP(http://www.shunju.gr.jp)の「春秋会口述練習会のご案内」から、「口述練習会参加申込フォーム」にアクセスして頂くか、下記の申込みフォームのURLから、申込み事項をご入力の上、送信してください。
 その際、携帯電話ではなくパソコンからアクセスして頂きますようお願いいたします。参加申込フォーム中の※印の項目は必須項目となっております。必須項目のご入力がない場合には、口述練習会にご参加頂くことができません。また、任意項目として、「参加可能な時間帯」を選択して頂きますので、お間違いのないようご注意願います。さらに、春秋会会員の紹介がある方は、その会員の氏名と登録番号(4桁または5桁の数字)をご入力ください。
 なお、申込み後の変更はご容赦願います。

口述練習会参加申込フォーム:  https://docs.google.com/forms/d/1acTjW9-pj8LZ1lu7b-MrImen1ejO-Wcxh18QYe3Jl4I/viewform?usp=send_form

参加の可否について:
 当日参加可能な方を、10/2(金)夕方以降に、春秋会HP上で、受験番号を用いてお知らせします。なお、個別にメールなどでのご連絡はいたしませんので、ご了承ください。

問合せ先:kojutsu@shunju.gr.jp
                    以上

2015年09月25日

東海春秋会 口述試験練習会(名古屋)のご案内

平成27年9月25日

(主に東海地区の)口述試験受験者各位

東海春秋会幹事長 岡本 武也
    担当幹事 谷口 緑理
    担当幹事 後藤 貴亨
    担当幹事 木村 祐介
    担当幹事 中山 英明


★★東海春秋会主催 口述試験練習会(名古屋)のご案内★★

拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、本日、平成27年度の弁理士試験第二次試験(論文試験)の合格発表が行われました。論文試験の合格者であっても、続く口述試験も決して侮れません。このため、東海春秋会では、合格者がめでたく最終合格できるよう、下記の要領で口述試験練習会を開催することといたしました。ぜひご参加下さい。
                           敬具

          記

東海春秋会主催 口述試験練習会開催要領

日時:平成27年10月14日(水)PM6:30~
場所:日本弁理士会東海支部室(Tel:052-211-3110)
   名古屋市中区栄2-10-19 名古屋商工会議所8階
参加費:無料
定員:20名

当日、「特・実」「意匠」「商標」の口述練習後、講師による講評・アドバイス時間を設けます。又、近年合格された先輩弁理士の体験談満載の「口述試験に合格する為の先輩弁理士からのアドバイス集」をプレゼントします。

<申込方法>
 下記申し込みフォームに必要事項を記入したものを、下記申し込み期間内に、下記連絡先にメールにてお送り下さい。お申し込みいただいた方には、こちらから後日、詳細な案内を返信いたします。(※返信に数日かかる場合がございます。予めご了承ください。)

・連絡先:
  特許業務法人暁合同特許事務所 中山 英明(ナカヤマ ヒデアキ)(担当幹事)
  E-mail: nakayama@akp.gr.jp

・申込期間:
  平成27年9月30日 10:00~平成27年10月6日 17:00

・注意事項
1.申込期間内に定員を超えた場合
  開始時刻が18:30,19:00,19:30,20:00となる4つの練習時間を設定させていただいております。同じ練習時間に多数の申込みがあった場合、申込みが早い方を優先させていただきますので、できるだけ早期にお申し込み下さい。従って、申込みが遅くなりますと、参加をお断りさせていただく場合もございますので、ご了承下さい。
2.申込期間を過ぎて申込をされた場合
  申込時点で定員を超えている場合には、参加をお断りさせていただきます。申込時点で定員に空きがあれば、参加が可能となります。
3.参加希望者多数の場合、東海地方在住の方を優先する場合があります。
4.事前の申し込みが無く当日会場に直接お越しいただいた場合には、会場の都合上、参加をお断りさせていただきます。
5.参加を申込みいただいた際のE-mailアドレスに、後日、東海春秋会から合格祝賀会等のアナウンスを送信させていただく場合があります。
6.参加者数によっては、当日、1回目の練習(3科目)が終わった後、2回目の練習の場を提供する場合があります。そのような場合、2回目の練習を希望されますか?希望される方は、下記フォームにその旨を記載して下さい。
  2回目の練習を希望される場合、1回目の練習開始時刻は原則18:30とさせていただきますので、何卒ご理解のほどよろしくお願いします。

・申し込みフォーム
-------------------------------------------------------
東海春秋会主催の口述練習会への参加を申し込みます。

ふりがな:
氏名  :
受験番号:
E-mail :
所属先 :
(講師が同じ所属先にならないように所属先を伺っております。
 差支えがなければ、所属先をお聞かせ下さい。)
開始時刻:18:30~、19:00~、19:30~、20:00~の中からお選び下さい。
第1希望  時  分
     第2希望  時  分
     第3希望  時  分
2回目の練習: 希望する ・ 希望しない
(会場の都合上、2回目の練習は先着6名様までとさせていただきます。)
-------------------------------------------------------
※すべての項目をご記入下さい。記入漏れがある場合には、ご参加を受け付けることができない場合があります。