TOPお知らせ幹事会からのお知らせ>2016年10月 アーカイブ

« 2016年09月 | メイン | 2016年11月 »

2016年10月 アーカイブ

2016年10月04日

春秋会口述練習会 参加可能な方の一覧の発表

                   平成28年10月4日
口述受験者各位

春秋会幹事長  辻田 幸史
担当副幹事長  齋藤 学
担当幹事    佐々木 康匡
担当幹事    中島 佐智子

  ★★春秋会口述練習会 参加可能な方の一覧の発表★★
前略
 春秋会口述練習会へ、多数の参加申込をいただき、ありがとうございました。当日、参加可能な方の一覧を以下の通り発表します。一覧はHTML形式とPDF形式の2つをご用意しております。なお、申込者多数のため、3回受験は行わないこととなりました。どうぞご了承下さい。
 一覧に記載された方であって、お振込みにより口述練習会の参加費用(1回受験:¥10,000円、2回受験:¥15,000)を支払われる方は、
   10月7日(金)15:00
までに下記口座へお振り込み願います。

振込先:三菱東京UFJ銀行 池袋東口支店(店番号:173)
      普通口座 0183126
      口座名義: 春秋会 会計 古野 裕介
    (シュンジュウカイ カイケイ フルノ ユウスケ)

※振込人のご名義は、必ずご自身のフルネームを明記して頂きますよう、お願い致します。
※一旦お振り込みを戴いた後にキャンセルされる場合であっても、返金は出来かねますので、予めご了承ください。

 また、口述練習会当日に現金で支払われる方は、受付時に参加費用(1回受験:¥11,000円、2回受験:¥16,000)をお支払頂きますよう、お願い致します。

※なお、現金精算の場合には、参加費用が異なります点につき、ご留意ください。

 口述練習会当日は、この一覧に記載の開始時間から、各人の口述練習が始まりますので、この15分前までには、会場となるザ・プリンスパークタワー東京の7Fまでお越しください。
 7Fのエレベータホールに受付を設けますので、そこで来場を告げ、受付を済ませてください。
 スケジュールの都合上、開始時間の5分前までに受付を済ませていない場合には、口述練習会への参加をご遠慮いただくことがありますので、ご注意ください。
 なお、口述練習は、特・実、意、商を各10分に亘り実施し、全体として約30分で終了する予定です。
 また、当日は、論文式筆記試験時に使用した法文集をお持ち下さい。
                        早々
参加可能な方の一覧(HTML形式)
参加可能な方の一覧(PDF形式)

2016年10月06日

平成28年度継続研修シリーズ(第5回)受講生募集のお知らせ

  ★★平成28年度継続研修シリーズ(第5回)受講生募集のお知らせ★★
     (東京-名古屋間をTV会議システムを使用して中継します)

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
この度、春秋会研修委員会では継続研修シリーズ(第5回)として、下記の研修会を企画致しましたのでご案内申し上げます。本研修会は、春秋会員以外の方のご参加も可能となっております。また、本研修会の模様は、名古屋会場に配信いたしますので、東海地区の方もご参加いただけます。参加ご希望の方は、10月31日(月曜日)までに下記URLの参加申込フォームに必要事項をご入力の上、送信ください。多くの方のご参加をお待ちしております。
尚、弁理士春秋会は、日本弁理士会の継続研修を行う外部機関として認定されており、また、本研修は、日本弁理士会の継続研修としての認定を申請中です。本研修を受講し、所定の申請を行いますと、外部機関研修として「2.0単位」が認められる予定です。
                                         敬具
                記

テーマ : 平成28年度継続研修シリーズ(第5回)「今さら聞けない欧州特許実務~欧州特許庁における進歩性の考え方と手続き上の留意点」
講 師 : 欧州弁理士・英国弁理士 スティーブン・スコット先生(EIP特許商標法律事務所)
日 時 : 平成28年11月7日(月曜日)18:30~20:30
受 付 : 18:00~
会 場 : (東京)  日本弁理士会 B1-AB会議室(地下)
      (名古屋) 日本弁理士会 東海支部会議室

会 費 : 2000円 (但し、春秋会会員は1000円)
(東京・名古屋共通。当日会場で徴収し、領収書を発行致します。)
 お食事はご用意致しませんが、研修会終了後に東京・名古屋ともに懇親会を予定していますので、是非ともご参加ください(21:00~流れ解散  会費一律:3000円)。講師の先生を交えた懇親会(東京のみ)では、講師の先生のみならず、様々な先生のこぼれ話も聞けるかもしれません。

内 容 :本研修では、欧州弁理士・英国弁理士であるスティーブン・スコット先生に、欧州特許庁(EPO)における進歩性の考え方及び手続上の留意点についてご説明頂きます。具体的には、欧州特許条約の下における進歩性の考え方を説明していただいた後に、EPOにおけるProblem Solution Approachと技術的事項及び技術的でない事項についてクレームがどのように審査されるかをご説明いただきます。出願をドラフティングするにあたっての実務的な指針、及び欧州出願を扱う弁理士にとって助けとなる実例及び目のつけどころ等についてもお話しいただく予定です。講義は英語で行われますが、モデレーターが講義内容を日本語で説明いたします。

●以下の点にご注意ください。
・本研修の終了後、継続研修の単位認定の申請に必要な「受講証明書」を発行致しますので、必ずお受取りください。当日お受取りになられなかった場合でも、再発行は一切致しません。
・15分以上の遅刻、及び中座・早退をされた場合は「受講証明書」を発行致しません。
・継続研修の単位の認定を受けるためには、本研修の受講後3カ月以内に日本弁理士会に対して、①「認定外部機関研修受講申請書」、②「受講証明書」、及び③「レポート」を提出することが必要です。詳細は、研修所発行の「継続研修に関するガイドブック」等で各自ご確認ください。
・本研修は、事前の参加申込みのない場合は参加できません。
・事務所所員の代理受講も可能ですが、「受講証明書」は発行致しません。
・本研修に関する連絡等は、原則としてメールで行いますので、ご了承ください。
・研修会の円滑な進行を図るため、研修委員の指示に従って頂きますようご協力をお願い申し上げます。尚、従って頂けない場合には、退室を求める場合がございますのでご注意下さい。

●参加ご希望の方は、参加申込フォームにてお申し込み下さい。
 下記URLの参加申込フォームに必要事項を入力して下さい。
(東京) http://shunju.gr.jp/kensyu-tokyo.html
(名古屋) http://shunju.gr.jp/kensyu-nagoya.html