TOP>東海春秋会>幹事会だより

春秋会とは 東海春秋会

東海春秋会報告
東海春秋会 幹事長 長谷 真司
 
1.はじめに

 平成29年度の東海春秋会幹事長を拝命いたしました長谷真司と申します。
 東海春秋会は、春秋会会員のうち、愛知県,岐阜県,三重県,静岡県及び長野県の5県の会員から構成されています。また、東海地区の会派の中で最多の会員を擁しており、会員数は120名を超えております。
 また、東海春秋会は、多くの会員のご協力により、日本弁理士会東海支部(以下、「東海支部」といいます)の様々な活動を支えています。さらに、東海春秋会は、東海地区の他の会派とともに、東海協議会という調整機関を構成しています。
 本年度も、春秋会本会と連携、交流を深めつつ、東海春秋会の活動を充実させていきたいと思っておりますので、よろしくお願い申しあげます。

2.東海春秋会の活動内容
(1)東海支部の活動への協力
 平成29年度は、東海春秋会の中村敬先生が東海支部長を務めておられます。また、小林洋平先生、渥美久彦先生が副支部長、藤岡骰_先生、伊藤寿浩先生が幹事を務めておられます。また、東海支部の多くの委員会について委員の推薦を行い、委員長4名、副委員長1名を含む、多くの会員に委員として活躍していただいております。

(2)年間行事
 平成29年の東海春秋会の年間行事は、以下のようになっております。
 まず、2月に「第1回総会および懇親会」を開催しました。今年は、東海地区定番の太閤本店で行い、最後は、相談役の藤谷修先生による、ご当地、東海地区が誇る青色発光ダイオードに関する技術論で絞めていただきました。また、5月には、会員間の相互の親睦を図る行事としてプロ野球観戦会を実施しました。今年は、昨年のセ・リーグ覇者、広島カープを迎えての一戦でしたが、最後は、ビシエドの劇的なサヨナラホームランが飛び出し、企画3年目にして初めてドラゴンズが勝ち、中日ファンにとっては最高の試合になりました。さらに、6月には、東海春秋会への新規入会者を勧誘する企画として、「ビアガーデンを楽しむ会 兼 新人歓迎会」を実施しました。会場は、名古屋の中央市場として有名な柳橋市場にあります「柳橋ビアガーデン」で行いました。暑い時期の金曜の夕方ということもあって、大勢のお客さんが詰めかけており、活気あふれる雰囲気の中で行うことができました。
 
 
 
 
 
 今後の予定として、8月には、第2回総会および懇親会を予定しております。
 さらに、10月には、東海地区で論文式筆記試験に合格された方のために弁理士試験口述練習会を予定しております。また、12月には、弁理士試験に合格された方の合格祝賀会を兼ねて東海春秋会の忘年会を行う予定でおります。

(3)研修会
 東海春秋会では、春秋会本会の研修会を、テレビ会議システムを通じて会員の皆様に受講していただいております。本会の先生方にはお世話になってばかりで恐縮ですが、貴重な研修が鮮明な音質、画質で受講できます。受講されたことのない会員の方には是非一度参加していただきたいと思います。

(4)同好会
 東海春秋会には、同好会としてゴルフ部があります。
 ゴルフ部は、ベテランの先生方に多く参加していただいているとともに、中堅、若手の会員も参加しており、幅広い年齢層の会員の間で、とてもよい交流の場となっております。また、ゴルフ部には、レギュラーコンペのほかにヤンガーコンペもあり、若手会員が気軽に参加しやすいような配慮もなされています。

 
3.東海春秋会幹事会
 本年度の東海春秋会の幹事会は、林崇朗先生、久保壮央先生、張川隆司先生、矢代加奈子先生、和田直斗先生、中島知子先生、池田俊達先生、飯森悠樹先生、橋起先生および私の10名で構成されています。
 幹事の皆さんには、それぞれの役割分担に応じて、積極的、献身的に取り組んでもらっています。
 
 

4.最後に
 本年度も、日本弁理士会東海支部への協力、東海春秋会の年間行事、および、研修会等の活動を確実に実行して参りますので、会員の皆様には、引き続きご支援、ご協力のほど、よろしくお願い申しあげます。